ギフトに関するお役立ち情報

ギフトを贈るタイミング①

《結婚祝い》

結婚式をしているイメージ

友人から結婚の報告を受けたら、出来る限り早めに贈りましょう。
入籍前・入籍後に関わらず、報告を貰った直後に贈るのがベストです。

《懐妊祝い》

お母さんがお腹にいる赤ちゃんを愛おしそうに見つめるイメージ

友人から懐妊の連絡を受けたら、出来る限り早急に贈りましょう。
懐妊報告のタイミングはたいてい安定期に入ってからなので、早過ぎるのではないかと気を遣う必要はありません。

《出産祝い》

赤ちゃんが眠っているイメージ

出産した直後は当事者も疲れきっています。相当近い間柄であれば訪問するのも有りですが、郵送にすれば貰う側も贈る側も気を遣うこと無くギフトを渡すことが出来ます。

《誕生日祝い》

誕生日ケーキを嬉しそうに持っている子どものイメージ

タイミングはやはり誕生日当日がベストです。誕生日当日に直接会って渡してもいいですし、当日郵送で届くように手配しておくのも粋ですね。
遅れてしまうと、忘れていたと思われてしまうので前日か当日には渡しておきたいところです。

《就職祝い》

就職先が決まり、両手でガッツポーズをして喜んでいるスール姿の男性のイメージ

就職が決まったタイミングで贈りましょう。
就職先の業界などが分かっていると、どんなギフトを贈るかのヒントにもなりますよね。