ギフトに関するお役立ち情報

進化するギフトの形

一昔前のギフトの定番とは

ギフトを積んであるイメージ

今も昔も、お祝い事の際にギフトを贈るという文化は、日本に深く根付いています。
一昔前まで、ギフトを贈る際にはデパートや百貨店に探しに行き、贈る相手や用途に応じてお菓子や品物を選んでいました。ギフト選びは、買いに行く時間や手間がかかるものだったのです。
さらに、贈ったギフトが気に入られなかったり、みんなで贈るギフトの割り勘がうまくいかなかったり、リスクも多かったのです。
そんな時代のニーズに合わせ、ギフトの形態は時代とともに大きく変わりつつあります。

拡大し続けるソーシャルギフト

スマホからメッセージを送っているイメージ

現在、ソーシャルギフトという言葉が広まりつつあります。ソーシャルギフトとは、Facebook、Twitter、LINE、メールなどのソーシャルメディアでギフトカード等を贈り、ギフトを贈られた相手はSNSやメールで届いたギフト用URLなどからギフトを交換できるというサービスです。
こういったサービスは近年急速に拡大し始め、サービスの種類もここ数年で倍以上になっています。

ThankUのここが他とは違う

ひらめいたイメージ

ThankUも、ソーシャルギフトと呼ばれるサービスの一つです。
しかし、他とは大きく違う特徴が2つあります。一つ目は、個別割り勘機能です。多人数から一人にギフトを贈る際、多くの場合は誰かが一旦立替えて、後でその人に払います。
しかし、ThankUでは参加者全員が個別でクレジット決済することが可能なので、後で割り勘で揉める心配はありません。
二つ目は、数百種類のギフトの中から受け取る本人が欲しいものを選べるというところです。
ThankUでは、ギフトを渡す側が一人当たりの予算を決めて、参加者を募ります。そして集まった金額分のギフトカードが贈られるので、その価格帯の数百種類の商品の中から本人が欲しいギフトを選べるのです。
ここが、他とは違うThankU独自の新しいサービスです。